3x2は2x3ではない? 小学校教育

箱が2つあり、箱の中には卵が3つ入っています。卵は全部でいくつでしょう。

この問題では、答えは6ですよね。式は?

3x2=6ですよね。

でも、2が先に来ているので、つい2x3としてしまいますが、これでは100点が取れないのです。かける数(2)とかけらえれる数(3)の順番を間違えるとバツなのです

3x2は2x3ではないのです。

かける数とかけられる数の違いがわからないと計算式が複雑になった時に理解できなくなるということですが、子供に聞いてみると「かける数」と「かけられる数」という言葉での説明はできなくとも3つの卵が二箱あるからということは理解しています。

いやいや、バツにしなくてもいいのでは。だって国語じゃなくても算数でしょ?ワタシてきには、3+3=6と書いても掛け算で式を書きなさいと書いていない限りOKだと思います。

グーグル先生で調べてみると、この論争はかなり激しく皆さん話し合われています。やはり子供のうちは不思議に思わなくても、大人になると思うことが出てくるようです。

ワタシはこの教育に反対ではありません。ただ、なぜ違うのかをしっかりと理解させないと、「こうでなければならない」という固定観念を小学生のうちから刷り込まれることが怖いのです

これからの時代、いえ今の時代は既に、発想力や応用力が求められています。掛け算の順番は「かけられる数」x「かける数」の順番でなければならない、そういうものなんだ。そのようにインプットされてしまうと、学校の点数を取るための勉強は全て「そういうものなんだ」で片づけ、自分で考えることをしなくなる恐れがあるのからです

これだけ世の中が変わり、終身雇用もほぼ絶滅、新しい働き方を求められているのですが教育制度の変革はまだあまり感じられません。先生方は、上から目線から平行目線にかわっているように思えます(特に若い先生)。でも、もっと抜本的な自由な発想を支持する教育があればいいなと思います。

なーんて、いうのは簡単ですよね。先生方には感謝しています。すみません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。