7.  自分の分析をツールを使ってしてみた④ まとめ

ざっと4種類の自己分析ツールを使ってみました。

キャリアアンカーでは絶対譲れない価値観において、誰にも縛られたくないことがわかりました。通勤時間、ランチ時間、決まった時間内での行動が苦手です。たもの掲載ブログへ

1位 AU 自律・独立             39点
2位 EC 起業家的独創性           25点
3位 LS 生活様式              25点

キャリアアンカーのツール説明はこちら 診断はこちら

ストレングスファインダーでは、5つの強みがわかりました。新しいことを考えることがすき、それにゴールを紐づけて達成することを好むようです。たもの掲載ブログへ

1位 学習欲

2位 個別化

3位 着想

4位 達成欲

5位 戦略性

MBTIでは自分なりの考え方で、目標達成のためまっしぐら。課題を整理し最後までやり遂げることがわかりました。たもの掲載ブログへ

◆ものの見方→ 内向

◆ 判断のしかた→ 直観

◆ 興味関心の方向→ 思考

◆ 外界への接し方→ 判断的態度

公式ホームページ 無料簡易診断はページはこちら

DiSCでは、人からコントロールされることを嫌がる、個人主義の開発者ということがわかりました。 たもの掲載ブログへ

(Dominance) 主導型 それもターボD

DiSCの詳しい内容はこちら。簡易式診断はこちら

誰にも縛られずに、日々新しいことを独自の視点で考えて、ゴールに向かってまっしぐら。

なるほど。ここであえて独立派ということはよくわかりましたし、自分でも納得できます。診断結果にはそのほとんどに「独立心が強い」とありましたし。

ここで、あえて会社員だったらどのようなスタイルだと成功したいか考えてみた。

商品企画、それも社長が信頼してくれて好きにやらせてくれる。そんな仕事だったら会社員として楽しくできるのではないでしょうか。って、だれがそんなラッキーな事させてくれるかと思われますよね。実は2社でそのようにしていた経験があります。うーん、すごく楽しかったな。じゃ、なぜ辞めたって1つはスペインでの会社だったのですが、あまりにも開発した商品の売れ行きが良く、ヒットばかりするので自分で事業を立ち上げました。そして失敗しました。いや、失敗する前に撤退です。意気地がなかったのです。この話は別の時にすると思います。

もう一つの会社では、妊娠→出産→育児休暇→育児休暇中に会社が倒産、との経緯でした。人生いろいろです。

では、出産後にスタートした秘書ではどうでしょう。

あれ、秘書って自由に動けましたっけ?実は皆さんが思っているほど社長にべったりではありません。特にワタシは外資系でしたし。でも、自由にはなりませんよね。でも秘書業ってペーパーレスな世の中だから、個人的には秘書はオンラインで対応可能だと思うのです(お客様のお茶出しとか必要ない会社だったら)。探してみると、オンライン秘書って、すでに沢山あるのですね。HELPYOUとか大手ですね。

あと、1社だけみつけました、在宅秘書OKという太っ腹なところ。でも、アルバイト的な条件でした。でも、秘書求人のほとんどが、出社をしなければなりません。当たり前だって?いえ、本当はそうではないとおもいますよ。だって、家からできますもん。

でも、世間はまだ許してくれないのでしょう。やむをえません。

あとはなんでしょう。IT関連ですと在宅でも可能ですよね。しかし、スキルがない。ほかは?あまり思い浮かびません。

実は、このツールで自己診断をしたのはこのブログのゴールを設定する前なのです。ワタシはこの自己分析ツールの結果を見て、今がもしかしたら新しいことにチャレンジするタイミングなのではないかと感じました。

そしてこのゴールを設定したのです。

◆時間や場所に振り回されない働き方にたどり着く

◆楽しい あと1年の命と言われても続けていきたいということと関わる

◆最終サラリーマン年収より1円でも多く稼ぐ

こんな簡単なことに、3か月もかかりました。

3か月たった今でもまだ気持ちは会社員と独立の間を振り子のように動いています。だけどね、しょうがない。不安は簡単に拭い去れないのだから。

だから、少しでもゴールに近づけるよう、一歩一歩、小さな一歩でも独立への道を歩んでいこうと決意しました。

それにしてもまぁ、ここまで分析しないと一歩が踏めないなんてなんともややこしいな、ワタシ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。